消費者の皆様へ

 最近、急速な技術的進歩により、遺伝子検査を安く提供することが可能になっています。しかしながら、遺伝子情報の特質を考慮すれば、その取扱いに際しては厳格な個人情報の保護に加えて、適切な倫理観をもって事業を実施しなければならないことは言うまでもありません。
 
 個人遺伝情報取扱協議会では、遺伝子検査を取り扱う事業者団体として、消費者の皆様に提供する遺伝子検査のあり方、要件等について、自主基準を作成・公表し、加盟団体に遵守を義務付けております。しかしサービスを利用するかどうかの最終的な判断は消費者の皆様の判断に委ねられています。消費者の皆様が、科学的な妥当性や倫理的な配慮に欠ける不適切な遺伝子検査をしっかり見分け、適正なサービスを利用していただくことを切に希望します。

 そのために、遺伝子検査やサービス利用を検討される場合には、ぜひ以下のチェックリストを活用してください。すべての項目にチェックが入る事業者が適正なサービスを提供する団体です。

 

遺伝子検査事業者選定チェックリスト

平成24年度経済産業省「こんな検査を受けようとしている貴方に」より引用