HOME >> 遺伝子とはなにか >> 遺伝情報は親から子へ

遺伝情報は親から子へ

「遺伝」と「遺伝子」 ~親から子へ伝えられるもの~

遺伝情報は親から子へ
親から子、そして孫へとさまざまな特徴が
遺伝子によって受け継がれていきます。

「遺伝」とは、親から子や孫へと体型や容姿、性格などの特徴が伝わることをいいます。一方で、「遺伝子」とは、親から子孫へと伝わる特徴の最小単位のことを意味します。人間の体の状態は、遺伝だけでなく生活環境によっても変化しますが、遺伝は人体の基本的な部分で非常に重要な役割を担っています。

最近では、私たちがよくかかるさまざまな病気も、親から子へ遺伝する部分があることがわかってきました。また、なぜか親戚に癌が多い、糖尿病にかかる人が多いという理由のひとつとして、病気へのかかりやすさが遺伝していると考えられています。

こうした体質が親から子へ遺伝するのは、遺伝子が親から子へ伝えられるからです。遺伝子という人体の設計図が、ヒトの親の卵子と精子から子へと受け継がれていきます。