HOME >> 遺伝子とはなにか >> その他の遺伝子検査

その他の遺伝子検査

「人」に関わる多様なシーンでの遺伝子検査

その他の遺伝子検査
遺伝子検査は、日常の様々な場面で
その役割を果たしています。

遺伝子検査は、病気の予防や健康管理に役立つだけではなく、日常の中の様々なシーンでその役割を果たしています。
たとえば、司法上の役割としてもおなじみの身元判定・親子(親族)鑑定などがあげられますし、胎児についての出生前診断なども遺伝子検査がおこなわれています。

多くの検査は大学病院、医療機関や遺伝子研究ラボなどで行われますが、一部の検査は在宅でも受けられ、民間企業でもホームページなどで一般の方へのサービス提供が案内され、個人で申し込むことも可能です。

ただし、これらの遺伝子検査は、その情報管理の点からもプライバシー問題・医療保険の加入差別・就職差別など、色々と深刻な問題が起こる可能性があります。そのため、国は情報保護ガイドラインを定めており、企業はそれを守って検査を行うように求められています。